スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

GOA

2013/06/16 Sun

PuneからはGOA行きの直行便が飛んでいます。約1時間の国内線のため、非常に便利です。

行きは、12:05PuneからGOA行き(13:05着)
帰りは、13:45GOAからPune行き(14:40着)
という感じです。

GOAの空港には、通常、ホテルの車が迎えに来てくれると思いますので、ホテル中心ののんびりプランであれば、お気楽な感じです。家族で、雨季の前に行ってみました。




食べ物もホテルでの食事がメインになるかと思いますが、ここはまあまあでした。

ホテルの近くに、バイクを貸してくれるところもあったので、バイクを借りてうろうろするのもありかもしれませんが、あんまり時間もなかったので、借りませんでした。(2泊3日です)

その他、ザビエルが眠っている教会なども半日ツアーで十分回れます。少し違う雰囲気のインドを楽しみたい方は試して見てください。
・我々は、市の中心部(一応ショッピングとのことでしたが...)
・パナジ教会
・ザビエルの教会(Basillica of Bom Jesu)
・2つのヒンディ寺院
という感じでした。

以下は、サビエルのミイラが眠っている場所です。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

インドといえば、、、

2013/02/06 Wed

インドといえば何でしょうか?
牛?
カレー?
人がたくさん?

映画もありますよね。

ということで、映画館の映画の簡単な予約はこんなサイトでもできます。参考まで。

映画の予約はこんなサイトから

ちなみに、Hansel and Gretel witch hunter は近年稀に見る最悪の映画でした。

インドといえば、Bollywood映画なのでしょうが、映画館では見たことがありません。
まだまだインドを楽しんでいないんでしょうね(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

移動式 遊園地(プネ)

2012/09/17 Mon

移動式 遊園地(プネ)に行ってみました。
10月2日までオープンしています。夕方5時ぐらいにオープンします。(夜10時ぐらいまでオープン)

場所は、Kalyani Nagarと呼ばれるところです。
http://goo.gl/maps/LkL1S

映画館の Gold Cinema を少し北上したところです。
お客さん的にはインド人はたくさんいますが、インド人以外は、あまりいないような気がします。
怖そうだから?

皆さん 浅草の花やしきのジェットコースターって乗ったことありますかね?
あんな感じ。
えっ、どんな感じ?
って、なんか壊れそう~ 怖い~ みたいな。
私が学生の頃の話なので20年ぐらい前の話です。もしかして、今はそんなことはないかもしれません。
よけいな話はこの辺までで、参考までに写真をどうぞ。

fc2blog_201209170114341a2.jpg
遠くから見た感じ

入場料は、大人も子供も外人もインド人も 20ルピー。
中のアトラクションはそれぞれ乗るときにお金を払います。
観覧車は30ルピー(だったか?)

観覧車の右側にある青と黄色の屋根の建物がアイススケートリンクです。

fc2blog_20120917012228576.jpg
以外と怖そうです。

fc2blog_201209170116464bc.jpg
20分で200ルピー(30度近い土地でスケートができると考えた場合に安いと思うか、高いと思うか...)。
大人が中に入って子供の様子を見たければ50ルピー。靴下を借りる場合には50ルピー。

fc2blog_20120917012026bf8.jpg
狭いですが、そこそこ楽しんでいたようです。

皆様もお楽しみあれ。

ミニ タージマハルも隣にあります。30ルピーだったか。本物をAgraで見ているので、残念ながら見ませんでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

ニューヨークのワールドトレードセンター

2012/09/09 Sun

たまたま、friendsのDVD を見ていたら、ほぼ同じ位置からの写真を見つけました。


こちらが昔の写真。(ビデオの画面を写真撮影しました)


こちらが旅行での写真。ブルックリン橋の下からだと思います。

また、9/11 となりますが、早く復興することを願っております。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

トランジットで ロンドン、ニューヨークを楽しむ(その2)

2012/08/26 Sun

前回に引き続き、ニューヨークのトランジットの様子を残しておこうかと。

■ニューヨークでのトランジット
(1)事前調査
  ・主な観光ルート調査
   うちの奥様が結婚前、NYで1年弱働いていたこともあり、正味 5時間でできそうなことを確認。
   →自由の女神の船のツアー+散歩がよいのではとのこと。
  ・今回は、地図の印刷もメトロの路線地図の印刷も特にしていません。
   が、どうやって、街中まで出るかは確認しておきました。
   →バス or 電車がある様子。
    (A)バスは42番街(Central Parkよりも少し下あたりに停車する模様)
    (B)電車はPenn Statation駅(or Grand Central Station駅?)
    自由の女神の船着場までは、地下鉄にのれば簡単にいけそうな感じ。

(2)懸念事項
  ・手荷物(機内持込用の大きめのかばん)をどこかに預けておきたい。
   そんな場所があるだろうか...
   ※行きのロンドンは、スーツケースの中に、機内持込用の大きめのかばんを
    入れてしまっていたので、その心配はありませんでした。

(3)実際
  ・手荷物を預ける場所ありました。
   Terminal C の利用だったのですが
   ”NBS” という場所で、Baggage Claim のターンテーブルの1と2の間だったと思います。
   何気なく、ちょっとした机に人が座っているとこで、その場所の存在がわかりずらかったです。

31.jpg
こんな看板があります。


   荷物の受け取りは、8:00 AM - 1:00 AMまで大丈夫のようです。
   ただし、PCが入っていると預かってもらえず、PCを自分を取り出すことに。重い...

  ・街中への移動
   "Newark Airport Express" というのが、外に出るとあったので、それに乗りました。
   15分毎に、41st or 42st まで走っています。料金は片道 16ドル、往復購入だと 28ドルです。
   帰りは、電車で帰ってこようと思って、片道のみ購入。
   ※結局、帰りは時間がなく、同じ Expressで別の乗り場から帰ってきました。

  ・観光場所
   予定どおり、自由の女神→マンハッタンの下のほうの観光(5番街を14stあたりから徒歩で42stまで北上)
   具体的には、
   -ワールドトレードセンタ跡地
   -自由の女神(船で1時間の観光、13ドルだったと思います。その他にも3時間コースなどもあり)
   -Battery Park散策
   -エンパイアステートビル(上まで登ることはしませんでした)
   という感じです。

23.jpg
ワールドトレードセンタビルに建築中の新しいビルです。

30.jpg
ブルックリン橋です。

26.jpg
ブルックリン橋から見える新しい建築中の新しいビルです。

18.jpg
建築中の2つのビルがちょうどよく見えました。

27.jpg
自由の女神です。

16.jpg
公園ではこんな人も。

17.jpg
参考までに、こんな船で1時間の観光です。

22.jpg

21.jpg

5番街や街中は、銀座が大きくなったような感じですが、公園/緑/憩える場がたくさんありました。
Central Park までは行けませんでしたが、地図上ではものすごい大きいです。こうゆう緑が多い街はいいですね。

当然ですが、インドとは比べ物になりませぬ...

■感想
この街はかなりの日数 いないとなかなか全体を理解できるところまでは、いきそうにないですね。
マンハッタン島って小さいのかと思っていましたが、かなり大きいです。
ブルックリン側もあるし、ミュージカルもあるでしょうし、いろいろ美味しい食べ物やもあるでしょうし...

トランジット中に、ピザとホットドックは食べましたが、まだまだ物足りない感じです。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

トランジットで ロンドン、ニューヨークを楽しむ

2012/08/26 Sun

今回の子供たちの夏休みでは、プネからホノルルに言ったわけですが、私も途中 飛んで行きました。
ただし、飛行時間が長く、なかなか大変。いろいろなルートを選択できます。

・ムンバイ→東京→ホノルル
・ムンバイ→ソウル→ホノルル
・ムンバイ→ヨーロッパのどこか→アメリカのどこか→ホノルル

で、今回は、こんな風になりました。

■飛行ルート
(1)往路(35時間11分)
・ムンバイ     N日 01:45 → ロンドン ヒースロー N日 06:45
 トランジット 7時間25分
・ヒースロー    N日 14:10 → サンフランシスコ   N日 17:02
・サンフランシスコ N日 18:55 → ホノルル       N日 21:26

(2)復路(34時間10分)
・ホノルル     M日   19:30 → ニューアーク(ニューヨーク) (M+1)日 11:10
 トランジット 9時間20分
・ニューアーク   (M+1)日 20:30 → ムンバイ           (M+2)日 21:10

ということで、それぞれのトランジットで観光をしてきました。
今回は、ロンドンでのトランジットの記事を書いてみようかと。

■ロンドンでのトランジット
(1)事前調査
  ・主な観光ルート調査
   いろいろありと思いますが、数時間だと下記がお勧めでしょうか。
   お手軽 ロンドン観光
  ・1枚の地図(私の携帯は、海外ローミングに申し込んでいません)
  ・メトロの路線地図
   →観光ルートをイメージするために、適当にWebから印刷したもの+携帯内にWebの画像を保存。

(2)懸念事項
  ・どうやらヒースロー空港はものすごい混雑空港らしく、便の3時間前には空港につかないといけないような記事もあり。
   →ロンドンオリンピック直前だし、さらに混んでいるのかなあ~、不安。

    ※結論ですが、木曜日の昼のヒースロー空港はまったく混んでいませんでした。
     外から→出国審査+セキュリティチェック→ゲートに着くまでにたった30分。
     交代式見ておけばよかった...

(3)実際
  ・上記のルートを基本にうろうろしました。
   -ロンドンアイ
   -ビックベン(国会議事堂)
   -ウェストミンスター宮殿
   -セント・ジェームス公園
   -バッキンガム宮殿
   -トラファウガー広場
    という感じで周辺を歩き続けました。

   バッキンガム宮殿の交代式が見れればよかったのですが、11時30分からということで
   空港に戻らないといけないギリギリ。結局 あきらめました。

01.jpg
ロンドンアイ


02.jpg
オリンピック 近づいています(その当時)



03.jpg
ビックベン

ムンバイのCST駅(世界遺産)に似ているような気がしました。
ムンバイ大学の時計台なども同じ感じですよね。

04.jpg
バッキンガム宮殿

宮殿の周りを1週 歩いたのですが、実はそんなに広くありません。
宮殿内も見学ツアー(有料)があり、優雅な生活かと思ったら、自分でお金をかせぎ(見学ツアー)
それほど ドデカイ ところに住んでいるわけでもないという実感です。

05.jpg
交代式はどうやら、11時30分かららしい。



(4)お勧め
    最初にバッキンガム宮殿をみて、そのおみやげ物ショップ近くにある観光バス
   (3時間ぐらいのバスツアーあり)に乗って全体を回るのがよいかもしれまえん。
    時間があれば、絶対に乗っていました。

06.jpg
バッキンガム宮殿の向かって左側にお土産ショップがあります。



07.jpg
そのそばに、観光バスが止まっていて、3時間のツアーなどいろいろあります。



(5)空港から街中へのルート
 ・いろいろありますが、どれも簡単そうです。私は以下を使いました。
  <往路>
   空港→(ヒースローエクスプレス:22ポンドで15分)→Paddington駅→(地下鉄で)Embankment駅
   ※ヒースローエクスプレスは少し高いですが、時間短縮のために利用しました。

  <復路>
   交代式を見なかったので、時間あり。ということで、のんびり、安く 地下鉄で空港に戻りました。
   Victoria駅→(District Line)→South Kensington駅→(Piccadilly Line)→Terminal1
   ※5.3ポンドだったと思います。

(6)食べ物
  ロンドンといえば、Fish & Tips。(らしいのですが、初トライです)。


08.jpg
かなりデカイです。味は日本で食べる白身魚フライと同じ味。美味しいですが、食べなれた味なので感動はありませんでした。


■感想
トランジットでちょっとした観光気分が味わえると考えると、旅の苦痛が少し減るかもしれませんね。
家族には、ロンドン観光だったら、丸2日間あれば十分かもよ~
と伝えておきました。結構、観光スポットがコンパクトになっているので、トランジット観光でも十分楽しめるかと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

子供たちの夏休みの結果

2012/08/18 Sat

子供たちの夏休みの結果を簡単にまとめておこうかと。

■オアフ島でのキャンプ(3週間継続で親から離れて生活)
キャンプアードマン

■結果
子供たちは大満足。来年も行きたいと言い出す始末...
心配は杞憂に終わりました。

■実は私も現地へ迎えに!
なんとか、私も休みをもらい、現地に飛んでいきました。
というのも、さすがに3週間 親と離れ離れになっていたので、
・どう変わっているか
・何を経験できたか
・何を感じたか
など、いろいろ話してくれるに違いない。きっと、時間が経つと、もうママに話したから聞いて~などと
言われ、感動(?)の日々の話を聞き逃してしまうのではないかと(笑)。

■トラブル
現地でキャンプ終了後の子供たちのピックアップは2パターンあります。
(1)キャンプ場に迎えにいく(レンタカーでいくしかありません。バスはなし)
(2)キャンプ場からダウンダウンまで子供たちはバスに乗る。親はダウンタウンに迎えにいく。

で、我々は(2)の予定を(1)に変更。キャンプ上からもOKの連絡あり。
車で迎えにいく途中に、キャンプ場で子供たちが奥様のところに走ってくるであろう姿を
内緒でビデオ撮影でもしようかなどと話していました。

が、が、が、
キャンプ上で、自分の子供たちを捜してもいません。
えっどこ...

(2)のバスに乗せられていた模様。感動の隠しビデオの瞬間が台無しです。
いくら、キャンプの管理人に文句を言っても、その瞬間は帰ってこない。
※なんのために、33時間もかけて、ここに来たのか...

■学んだこと
トラブルはインドだけではないらしい。
インドに呪われているんですね。(うそ、うそ)

■キャンプの様子
(1)日本人の子供たち
   ほとんどいなかったみたいです。日本の夏休みが始まる時期(7月20日ぐらいから増えるようです)
(2)海外の子供たち
   ハワイやアメリカ本土を中心に集まっていました。
(3)1週間のみのキャンパー
   長女の友達は、1週間のキャンプが終わって、家に帰ったそうなのですが
   親に泣いてキャンプの1週間延長をお願いして、キャンプに戻ってきたそうです。
   (NewYorkから母親の実家に戻ってきてそうです)
(4)8週間のキャンパー
   男の子で、8週間 ここで過ごすキャンパーがいたそうです。
(5)金曜日の夜~日曜日の午後(他の子がみんな帰っている時期)
   うちの子供たちは、金、土もキャンプ上に泊まっていたのですが
   ホノルル動物園につれていってくれたりして、楽しく過ごしていたとのこと。

   1週間では短いので、子供たちは3週間でよかったとのことです。

■そうは言っても...
内緒で携帯を持ち込ませたのですが、初日の夜に、長女から
「つらい。ママに逢いたい」と英語でSMSを送って来たようです。
でも、奥様からSMSを送っても返信はない。(通常 電源をOffにしていたため)
なので、奥様からすると、かなり心配だった様子。

子供たちは、2日目からは Enjoy していたようで、携帯をチェックなどしなかったのでしょうね...

■ご質問
語れば、きりがないので、もし、ご質問などあれば、個別にご連絡ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タイ旅行(4個目:タイ3日目)

2011/06/12 Sun

タイ3日目 5月30日(月) 会社を休ませてもらいました。

今日は20時の便でプネに戻るので、17時ごろには空港に向かおうと思います。

■予定
(1)プールでゆっくり遊ぶ(レイトチェックアウトをお願いしたら無料で14:00までOK!)
(2)家族が今日から3日間泊まるホテルへ移動(冷蔵庫、洗濯機ありの街中のホテル)
(3)ホテルでゆっくり
(4)ホテルからバンコクの空港→ムンバイ→プネ(ムンバイ-プネは今回は車です)

■実際
(1)プールで3時間ぐらいゆっくり子供たちと遊びました。日本にいるときには、近くの公園で結構遊んでいたりしたのですが
  インドに来てからは公園に行くなんてないし。(というか、近くに公園ってあるのかなあ~???)

  ということでたっぷり遊びました。家族はCEBU島に行っていて、1ヶ月ぶりというのもあるし。

  私的には結構楽しめました。前回(?)も書きましたが、このホテルのプールは他にほとんど客はいません。

(2)(3)次のホテルです。
  アマリ レジデンス スクンビットアマリ レジデンス スクンビットというところで、
  20%引きのタイミングで予約して1泊 6000円ぐらいだったと思います。
  インターネットは、同時 1台の端末は無料でつながります。(十分だと思います)

  洗濯機もあるし、広いし、街には近いし便利です。(ただ、最寄駅までは10分ぐらいかかり)
  ホテルから最寄駅までは、無料でティクティクで送ってくれます。

  thai19.jpg

  thai20.jpg

(4)プネへ戻り
  バンコク発のAirIndiaですが、予定通り(?)遅れ、プネに到着できたのは、朝の4時過ぎでした。
  その日は7時起きで頑張って仕事をしました。月末の処理とかあるので。

■感想
タイは食べ物がバライエティに富み、おいしいです。日本人にとってはとってもいいところですね。
また、機会があったら(というか、機会は自分で作るものですね)行ってみたいと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タイ旅行(3個目:タイ2日目)

2011/06/08 Wed

タイ2日目で、5月29日(日)です。

■予定
(1)少しプールで遊ぶ
(2)王宮のあたりを回る
(3)街に出かけてブラブラする。
(4)夕食を食べて帰ってくる。

■実際
(1)プールで遊びました。
 誰もいないプールです。うーん、贅沢な気分。ホテルに来ている人はどこにいるのか???

 子供たちはこんな技を見せてくれました。素敵。
 thai13.jpg

 でも、みんな外出なのかな?
 それとも、プールとか海に行く人は、パタヤビーチとかプーケットに行くのかな?
 それとも、アユタヤとかに行くのかな?


(2)王宮あたりを回りました。
 ホテルの無料の船にのり、一般の船乗り場へ移動。
 そこから、一般の船に乗ります。一人 25バーツ(=70円ぐらい?)だったと思います。
 その船で、一番高価なコンドミニアム、ワットアルンなどを横目にし、ワットポーへ行きます。

  ワットポーの大仏です。ゆっくり横になってお休み中のようです。でかい... 金ぴか
  マレーシアのペナン島にも似たようなのがあったと思うのですが、こっちのほうが派手、でかい。
  thai15.jpg

  どっからみてもピカピカ。
  thai14.jpg

  足裏にはなにやらいろいろなことが書かれているらしい。
  thai16.jpg

  他の建物の中の大仏様を見ても、きんぴか。
  インド人も金ぴか大好きだと思うのですが、タイ人もそうなのかあ~と納得。
  thai17.jpg


(3)たくさん、王宮の周りを見て回ろうとしましたが...
  はやりタイも暑いです。プネと比べるとむし暑い。なので、子供たちも建物などには興味がなくなっています。
  ということで、本当はまだまだこの辺り、見て回るところがありますが、やめました。

  街に出てブラブラに変更です。

  昨日、一人でブラブラして便利だった、MBK、伊勢丹を回りました。
  奥様はMBKを歩いたのち、MBKの4Fのマッサージに行って、疲れを取っていました。
  我々3人は、携帯につけるデコなどを同じくMBKの4Fで探してました。
  こどものiPod(インドに来ることを決めたご褒美)にあうデコを捜し歩いてました。

  MBKのあとは、伊勢丹に向かいましたが、せっかくなので、トゥクトゥクに乗って行きました。
  thai18.jpg

  リキシャと比べると、こっちのほうが少しだけ豪華な感じがします。(中身は一緒っぽいですが...)

  そうそう、宮崎でも走っているみたいです。トゥクトゥク。
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110530-OYT1T00562.htm

   いずれリンク先がなくなると嫌なので、抜粋(いいのかしら?)。
----------------------------------------
 タイやラオスなどでタクシーとして親しまれている3輪自動車「トゥクトゥク」が、宮崎市青島地区で乗り合い自動車として運行される。
 国土交通省によると、3輪自動車に客を乗せて走っている地域は国内にはなく、地元は「青島名物としてアピールし、観光客誘致の起爆剤に」と期待を寄せている。
 トゥクトゥクは「3輪自動車」を意味するタイ語。日本でも戦後しばらくの間、3輪自動車が使われたが、高度経済成長期に4輪の自動車が普及し始めると、東南アジアへ輸出されるなどして徐々に姿を消した。
(Yomiuri Onlineより抜粋)
----------------------------------------

  で、夜は、エビが7本乗っているエビフライの天丼を食べたい次女と、焼肉を食べたい長女の対決で
  じゃんけんで勝った長女が選択した焼肉家に行きました。日本のその辺の(高級ではない)焼肉屋の
  半分ぐらいの値段でたらふく食べました。

  翌日や翌々日に、次女は7本のエビフライの天丼を食べたようです。(200バーツぐらい?550円だったか?)
  お店の前のディスプレイを見る限り、私も食べてみたーいと思ったぐらいです。(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タイ旅行(2個目:タイ1日目)

2011/06/05 Sun

ムンバイで、Air Indiaで約1時間遅れました。ということで、タイ到着も約1時間遅れ(7時20分ごろ到着)。

■予定
(1)朝 8時に、王宮近くの場所集合のサイクリングツアー参加(8時~11時)
 http://www.bangkoknavi.com/tour/54/

(2)MBKという場所(ショッピングセンター)で、3GのSIMカード Get。
 かつ、どんなお店があるかいろいろチェック。現地のローカルフードをいろいろ試そう!

(3)川沿いを下って、ホテル(RAMADA PLAZA MENAM Riverside)へ

(4)家族と合流

■実際
空港到着。荷物は下着2日のみという軽装のため、BaggageClaimは不要。すぐに入国手続きを完了。
即座にiphone用のSIMカードを 169バーツ(100バーツ追加デポジット)で購入。

(1)サイクリング1時間 遅れのため、もはや不可能。
  ツアーにキャンセル申し込み。直接 申し込みしていたので、お金は現地払いだったのでキャンセル料などなし。
  とはいえ、参加したかっただけに残念。

(2)エアポートリンク(各駅停車のほうが格安)で、移動。非常に便利です。
  GPS機能付きの携帯をもっていれば、どこに行くにも迷わずいけるかと思います。
  一点 注意なのは、タイの携帯のSIMカードのデータ通信は通信料課金ではなく、通信をOnにしている時間課金です。
  なので、GPSで地図を見たいときにはOnにして、見終わったらOffにするということが必要です。

  少し蒸し暑いですが、この日は、合計5時間ぐらいはいろいろ歩き回りました。

  で、MBKで、10日間 3Gのデータ通信が利用可能で 99バーツというSIMカードを探し回りました。
  でも、上記のSIMカードは見つかりませんでした。

  かわりに購入したのはこれです。
  60日間 3Gのデータ通信利用可能で、1000MBの容量までの制限。価格は 199バーツ(600円以下)。

  thai08.jpg

  ホテルは、ロビーのみ無料ということだったので、ホテルの部屋でのインターネットも考え、こちらのほうが安いと思い購入です。

  3Gの速度は実際にはこんな感じです。写真でとれている部分は1Mbps以下が多いですが、おおむね 1Mbps程度は可能です。なので、タイのバンコクであれば、おそらくこういったカードが便利なのではないかと思います。
  thai21.jpg

  MBKの4Fの食堂はこんな感じです。ちょっとしたものはここでたくさん食べれます。100バーツ以下でお腹いっぱいです。
  thai09.jpg


(3)今回のホテルは、Agodaの直前予約で、70%オフの価格です。PlazaSuiteという部屋で1日7000円弱。
  5つ星、川沿い、プール大、朝のブッフェがおいしい、・・・ などなど考えるとこの価格は満足でした。
  thai11.jpg

  thai12.jpg

(4)家族と合流
  ロビーで家族と合流し、部屋へ。部屋からの眺めです。たまたまですが、大きな虹が見えました。
  thai05.jpg

  少し休憩後、ホテルからの船で、夕食を食べに外出です。
  船で最寄の駅まで移動し、電車に乗ります。電車も行き先などわかっていれば、簡単でした。

  thai07.jpg

  thai10.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タイ旅行(1個目:プネ→ムンバイ国際空港まで)

2011/06/05 Sun

5日間 家のインターネット回線がつながらず、ブログもほとんどほったらかしでした。
が、復活したので忘れないうちにメモしておこうと思います。

うーん、バンコク いいところですねえ~
初めてのタイ、バンコクです。

道路、ビル、ごみ(の少なさ)、食べ物、エアポートリンク(国際空港から街中までの電車)、市内の電車、・・・

失礼な言い方なのですが、バンコクがあんなに大都会でちゃんとしているとは認識できていませんでした。
(といっても、10時間以上はバンコクについてのブログをチェックしてはおりました。)

みなさん、お勧めです。
こんなこと言ったら、また、怒られるかもしれませんが、インドを旅するのもOKですが、タイもいいですよ~

■タイへ行き方
(1)プネからムンバイへ
 寝台列車で行きます。
 (今回は、寝台列車に乗ることも目的の一つなので...)

 5月27日(金)16:40 プネ発の 16352 / Ncj Mumbai Exp です。
 料金は、Rs.455 です。
 座席は、Side Upper という上方の席です。
 ※会社 サボってすみません。とは言え、今日は日本との打合せで朝7時から働いているから許してね~

  通常の車両のイメージ(到着時)はこんな感じです。みんな長時間こうやって乗っているんですね。(すみません...)
  thai01.jpg

  で、2等A/Cはこんな感じです。(これは Side Upperではないですが、上側です)
  thai02.jpg

  こっちは、下側です。(これも Side Upperではないです。自分の座っているほうから撮ったので。)
  thai03.jpg


(2)ムンバイのCST駅→ムンバイの国際空港
 まで行こうと思いましたが、手前の Datar という駅でおりて、別のローカル線でムンバイの空港近くへ移動です。
 この家族と一緒に、空港の西側の Vile Parle Railway まで行きました。(その家族はさらに北上)
  thai04.jpg

 この駅の周辺をうろうろしましたが、少し外人もいたり、プネよりは パッとしたインド人が多かった感じがします。

 で、このVile Parle Railwayから空港までは5kmもないと思うのですが
 なぜか、リキシャは全員 空港行きを拒否します。なぜだ~~~

 タクシーがいるのは、不安になり、周辺を探したらいました。よかった~。
 ただ、あせりがバレバレで、少しぼったくられました。A/Cのタクシーとはいえ、200ルピーです。 
 まあ、止むを得ません。
 ※参考までに、空港からタージマハルホテルの近く(20Km以上?)まで、前回 350ルピーだったと記憶しています。

(3)ムンバイ→バンコク
 今回は、AM0:35 → AM06:20
 Rs. 20,679 です。

 ツアーだと、ホテルなどもセットになってもう少し安いのかなあ~と思うのですが
 家族の夏休みということで。

 ※ちなみに家族も英語を勉強していたCEBU島(正確にはMactan島)から移動中です。

 ムンバイの空港では、アルファンゾのマンゴを抱えたインド人が、ロンドン、バンコク、いろいろな国に向かって出発しようとしています。マンゴは海外に持ち出しても大丈夫なんですね。というか、行く先に国も問題なく持ち込めるんですね。
 タイに行くインド人と少し話していましたが、タイにもマンゴあるでしょ! っと言ったのですが、これが一番とのことです。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

週末 バンコク(タイ)。フィリピンで英語勉強後の家族とご対面~

2011/06/01 Wed

週末にバンコクに行ってきました。
かなりの文章を書いたのですが、Internet接続が切れていて、更新時にエラーで全部消えてしまい、今日は挫折です...

■トピック
・プネ =>ムンバイは寝台列車です。
・ムンバイのローカル列車も乗ってみました。
・バンコクはとってもよいところです。街、道路、電車、食べ物、雰囲気、外人がいる割合、ファッション、リゾート、・・・
・3GのSIMカードが売っていて、お得です。
・家族に会えました~(フィリピンからタイで最後の夏休みを過ごして、プネに戻ってきます。)

そんな感じで、完全にがっかりな気分なので、記事は週末かなあ~

■本日のトラブル
朝からInternetがつながらず、合計 1時間以上も無駄に時間を使っています。
インドでは、こうゆうことに対して、必要以上にエネルギーを使わないといけません。
今日はこの辺で終了ということで。

※携帯で、デザリングが初めてできたので、それを使って書いています。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

ムンバイ観光(3個目の記事)

2011/05/07 Sat

ムンバイ観光の3個目の記事です。

1週間前のことですが、だんだん忘れてきた。年か...
コピぺで対応。それに写真を見ながら、コメントをつけることにしよう!

(0)タージマハルホテル(1903年完成)、Leopold cafe(オープン100年以上)、CST駅(1887年完成)
 すでに記載(写真付き)

以下の①~⑦は、格安? Rs.250(②+③+⑥は別料金)のツアーでした。
当然ですが、タージマハルホテルの宿泊客なんどは来ません。インド人ばかりです。
最初は、英語とヒンディの解説と聞いて参加したのですが、バスの中ではほとんどヒンディでした。
なので、バスが泊まったときに「英語でも解説って聞いてだぞ~」と言いに行き、
英語で説明してもらう感じでした。

まずはバスの写真です。エアコンはついていません。ムンバイは蒸し暑かったですが
当然ですが、バスが走っているときは風が入ってくるので大丈夫です。

  tour01.jpg


①Gateway of India(インド門)(1911年完成)
 すでに書きました。個人的にはデリーのインド門のほうが迫力があるという感じでしょうか。
 工事中だったことも関係しているかもしれません。

②Price of Wales Museum(博物館)(1905年のイギリス皇太子訪印に合わせて作られた)
 残念なことに、この博物館は写真をとるのが禁止されています。
 中に入るとこれはこれは広いし、立派。
 なーんて、子供が博物館とか好きじゃないから、東京でもほとんど行ってないので
 どれぐらいの広さが標準、すごい、??? かは判断がついていません。

 →でも、かなりすごいと思います。1時間とかの見学じゃ絶対無理。
  好きな人なら、半日は必要じゃないでしょうか。

  正式な名前は、「Chhatrapati Shivaji Maharaj Vastu Sangrahalaya」となっています。

  繰り返しですが、E-VISAでインドでたくさん納税しているよ~って、パスポート見せながら
  言うと、インド人価格になります。(外国人 Rs.300ルピーのところ、Rs.30ルピーです。)

③Taraporewala Aquarium(水族館)
  さすがに、奥様/子供がいない状態で、水族館で楽しめるほど若くはないので中に入らず、
  たぶん、有名なマリーン・ドライブという綺麗な道路と海外沿いを眺めてました。

  まずは水族館の外見。
  tour02.jpg

  マリーン・ドライブから見た海。この景色って、CNNのムンバイ支局の女の人が
  しゃべっている場所ではないかと想像します。
  tour03.jpg


④Kamaka Nehru Udyan(公園) 高台からムンバイが一望できる公園です。
  こんな感じで、マリーン・ドライブ、海、ムンバイが一望できます。広い公園です。
  そもそもインドに大きな公園があるとは思っていませんでした。
  tour04.jpg


⑤Mahaahalaxmi Temple(寺院)
  これはヒンドゥー教寺院だそうです。ほかにももう一つ回りましたが、写真とか解説はなしです。
  何がなんだか、よく理解せずに回ってしまいました。
  tour05.jpg


⑥⑤の近くの3Dのショーを体験できるゲームセンターみたいなところ(追加 Rs.135)

⑦JUHUの海(ムンバイ空港の真西10K以内?)
  ここには、結構 高級ホテルがあります。
  メインの通りもいろいろなお店(高級店ではないけど、インドぽくないお店)が
  ならんでいます。きっと、奥様などはショッピングとかを楽しめる感じでしょうかね?
  
  保障はしかねますので、ご自身で判断くださいね。

  バスで降りた場所は、マリオットホテルのそばのバス亭です。
  こんなものもありました。記念に1枚。
  tour06.jpg

  海の雰囲気です。
  tour07.jpg

  店の雰囲気です。
  tour08.jpg

  焼きとうもろこしの雰囲気です。
  tour09.jpg

  サルもいます。
  tour10.jpg

  インドの海に始めて足を踏み入れました。きれいではないですが、雰囲気はやっぱり海です。
  どこ見てもインド(というかインド丸出し、当たり前)ですが、よいですね~

  南インドのほうの海の雰囲気が知りたくなってきました。
  次は、プネ→(列車)→ゴア にチャレンジか???
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

ムンバイ観光(2個目の記事)

2011/05/06 Fri

昨日はタージマハルホテル中心の写真だったので、昨日の内容に戻って、
忘れないように写真を載せておこう。

■4月30日(土)の朝一に立ち寄った Leopold Cafe
(1)昼はこんなに人が一杯
  外の通りから見た看板です。
  Leopold01.jpg

  中を写真とりました。
  Leopold02.jpg

(2)でも朝一番(7時30分~)はガラガラ。当たり前か... 行きたい人は早めの時間がお勧めです。
  Leopold03.jpg

  Leopold04.jpg

(3)食べかけですみません...サンドイッチとフレッシュマンゴジュースです。
  Leopold05.jpg
  この店じゃなくてもいいのでしょうが、マンゴの季節のフレッシュマンゴジュースは最高です。
  サンドイッチ 125ルピー。マンゴジュース 160ルピーだったと思います。
  
■ムンバイのCST駅(2004年に世界遺産に登録された駅です)
(1)遠くから見ると駅じゃないみたいな美しさです。
  昼過ぎに再度立ち寄って、日があたるタイミングで写真をとりました。手前の二人が邪魔ですね。
  おまけに携帯でとっているからそんなに綺麗じゃないのですが、雰囲気を感じてくださいませ。
  cst01.jpg

  cst02.jpg

(2)チケットを予約しにいきます。適当に歩いて、人に聞くと簡単にたどりつけます。
  cst03.jpg

  外人用は2階のようです。なんとなくホッとしました。(ここまでくると予約できそう...やった。)
  cst04.jpg

  で、2階で空席などを探してお金をはらったら、控えをもって(1階でインドの人と同じく)チケットを発券してもらうようです。
  cst05.jpg

(3)駅の外で人の流れをとってみました。土曜の朝 9時頃です。平日だったら大変だったんでしょうね。
  cst06.jpg

  cst07.jpg

■インド門(Gateway of India)
1911年にできたそうです。タージマハルホテルは1903年に完成したそうなので、インド門が後なんですね。
なんか、こう、すごさをうまく伝えられたらいいのに...思うばかりです。
※写真の撮り方とか教えてもらわないと駄目かな~~~

  gateway01.jpg

  gateway02.jpg

  gateway03.jpg

ということで、次に続く。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

ムンバイ観光(1個目の記事)

2011/05/05 Thu

本日は、ムンバイ観光ネタです。

■結論
ただ、タージマハルホテルでも見て帰ってこようかと思いましたが、なかなか いいではありませんか。
特に建築物が重厚で興味深いです。そういった方面に知識のある方はなおさら。
(知識のない私でも、こりゃすごい~って思えました。)
歴史の重みがあるのでしょうか? ムンバイの歴史はあまり知りません...

→ムンバイを日本からの乗り継ぎと考えるだけではなく、1日ぐらい時間をとって見学するのもいいかも。

■旅程
(1)予定
 ・4月29日(金)の夕方 プネ発(車でCEBUに向かう家族をムンバイ空港まで見送るため)
  →ムンバイ宿泊
 ・4月30日(土)の夕方? プネ行きの列車を見つけてのって帰ってくる。

(2)結果
 ・行きは同じ
 ・帰りは、5月1日(日) 17:10 ムンバイ駅発 - 20:25 プネ駅着の列車(Deccan Queen)
  に乗って帰ってきました。(Rs.267ルピーで、エアコン付きで少し椅子が倒れます。外は少し見えます。)

■■■詳細■■■
■4月29日
(1)4月29日(金)ムンバイ空港→宿泊のホテル(宿?)
 ・到着のフロア(0階)に行き、Prepaidタクシーにホテルの場所を伝えます。
  ※ホテルは、プネからムンバイ行きの車の中で、携帯で見つけて電話しました。
   タージマハルホテルから歩いて200mぐらいの3つ星ホテルで、Rs.2500 です。
 ・タクシーは、エアコン(A/C)付きと、A/Cなしを選択します。
  奮発してA/C付きにしました。Rs.530。途中、眺めのいい有料道路を通ってもらったので +Rs.50。
 ・全くといっていいほど、地球の歩き方を読んでいなかったので、少しタクシーの運転手が
  説明してくれましたが、あまり良くわかりませんでした。

(2)ホテル到着
 ・安いだけにがっかり。後 Rs.500 出せば、隣のちょっと素敵な
  Sea Palace Hotel(でもAgoda.jp では同じ3つ星)に朝食付きで泊まれました。がっかり。
  ※安宿に泊まる場合には、現地についてから探すが鉄則かもしれません。特に一人なら...

  まあ、熱いシャワーは出るし、TVは色が白黒っぽく見えるカラーテレビだが
  地球の歩き方を読んでシャワー入って寝るだけだからいいか...

(3)と思ったら、外を外出したくなります。
 ・タージマハルホテルまで歩いて(200mぐらい?)、安全そうなので、近くを一周して見ることに。
  夜までマックが開いていました。少しお腹がすいていたので、Macで食べながら、本をチェック。
  →そしたら、奥様から無事に飛行機に乗れそうだよ~との電話。よかった。よかった。(24時ぐらい?)

(4)ホテルに戻って、シャワーを浴びて、家族のバンコク行きの飛行機が飛び立つ時間まで待ちました。
 ・何かがおきるわけではないですが...

■4月30日(土)
(1)朝 起きて、朝食をとりに外出(朝食はついていません)
  ・その前にホテルにツアーとか、ハイヤーの確認。
   Rs.250で1日バスツアー
   Rs.500で半日 運転手付きタクシー
   Rs.800で半日 観光向けのタクシー(多少はいろいろ案内してくれる)
 
  →朝食をとって、列車が予約できたら、予定を考えることにしました。

  →カフェへ
   オープン 100年以上前という老舗のカフェとやらに!
   いつも人があふれていると書いてありますが、オープン時間(7時30分)は同然ガラガラ。
   サンドイッチとフレッシュマンゴジュース。マンゴジュースが最高です。(フレッシュです)
   ※この時から、どこの店に入っても、フレッシュなマンゴジュースがないかいつも確認しました。
    でも、ありませんでした。残念。

(2)ムンバイ発 プネ行きの列車が予約できるか、駅に行きます。
  ムンバイの CST駅です。歩いて、20分ぐらいでいけそうな距離なので歩きました。
  ※観光地はゆっくり歩くが基本です。そうでないと何も気がつかずに通りすぎてしまいます。

  このあたりで、以外といい街並み(というか建築物)であることに気づきました。
  もう一泊しようかと決意。

  →CST駅で、外人向けの窓口の場所を聞き、階段を上って2Fへ。外人は52番の窓口とのこと。
   明日(日曜日)のプネ行きの列車が予約できました。
   「要望は、A/C付きで外が見える列車でムンバイ発 夕方」で調べてもらいました。
   ※そしたら、GWで日本からインドに旅行し始めた男性二人連れ発見。少し話しました。
    これから列車でデリーに向かうとのこと。
    「デリーもいいけど、ムンバイもよさげよ~」と伝えたかったのですが、止めときました。

  →予約OKで、1Fの 3 or 4 or 5 の窓口で発券。
   
   ※参考までに、以下のWebサイトとかで、列車の空き情報を調べられるのですが
    なぜか途中でエラーになってしまいます。ホテルでも予約できるよ~と言われたのですが
    雰囲気をチェックしに言って、よかったです。

  →で、ホテルに電話して、そういえば 1日のバスツアーが何時からか確認。
   10:30~16:30 とのことで、間に合いそうなので、ホテルへ戻ることに!

   今度は別の道を通って、ホテルへ戻ります。

   【ポイント】GPS付きの携帯電話は必須です。これがあれば、ほんとに道に迷うことはないし
         どこに言っても、ちょっと大きい建物であれば名前もわかるし、どっちに向かえば
         よさげがわかります。
         →インドで無線でInternetに接続できる機器(MiFi)を空港で
          レンタルできるはずなので、
          ・MiFi+WiFi接続可能なGPS付き機器(携帯 or iPod)
          を持つといいと思います。

(3)一日バスツアー Rs.250(=約500円)
 ①Gateway of India(インド門)
 ②Price of Wales Museum(博物館)
  追加 Rs.300ですが、パスポートのワーキングVisaのページを見せて Rs.30 で入れました。
 ③Taraporewala Aquarium(水族館)
 ④Kamaka Nehru Udyan(公園) 高台からムンバイが一望できる公園です。
 ⑤Hahalaxmi Temple(寺院)
 ⑥⑤の近くの3Dのショーを体験できるゲームセンターみたいなところ(追加 Rs.135)
 ⑦JUHUの海(ムンバイ空港の真西10K以内?)

■この記事での写真
3日間に渡って撮影した(2008年の秋にテロが発生した)タージマハルホテルの写真です。

(1)到着日の夜(4月29日)のタージマハルホテル
  taj_hotel01.jpg

(2)翌日の朝(4月30日)のタージマハルホテル
  taj_hotel02.jpg

(3)インド門(Gateway of India)方面から見たホテル
  taj_hotel03.jpg

(4)プネに帰る日(5月1日)にホテルの中に入っていったときのホテル
  taj_hotel04.jpg

(5)ロビーの様子です。
  taj_hotel10.jpg


  taj_hotel09.jpg

  taj_hotel07.jpg

(6)ゆっくりするならプールもあります。
  taj_hotel05.jpg

(7)庭でのんびりもOKです。
  taj_hotel06.jpg

(8)買い物もOKです。私にはよくわかりませんが、かなりの数のブランドショップが入っています。
  アメリカ大統領から、気球で太平洋を渡った(バージンアトランティック航空の)チャールズブランソンなど
  泊まった名だたる有名人の写真が飾ってあります。金持ちがたくさん来て、たくさん買うんでしょうね。
  taj_hotel08.jpg

(9)もう一度 外から、写真を撮りました。
  taj_hotel11.jpg

  taj_hotel12.jpg

直前予約で安い部屋を見ると、Rs.10000 になってました。
家族4人用の部屋はいくらかわかりませんが、仮に2部屋になったとしても、泊まれない値段ではありません。
日本に帰国するときまでには一度 泊まりにいきたいと思いました。

→今度、泊まりに行きましょう。My 奥様!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

セブへ行く家族の見送り(ムンバイまでついて行く)→その後 ムンバイ観光

2011/05/04 Wed

4月29日(金) 家族は、18:30分に車でムンバイに向かう。
1ヶ月の別れである。子供たちには幾度となく聞くが、私と1ヶ月離れることはなんともないという。

「怒られることがなくなるから」(うれしいのかもしれない)

でも、私は寂しい。奥様とも1ヶ月離れるのはこれが2度目。
1度目は訪印時で今年の1月~2月にかけてだった。

それまでは長くて2週間。これは去年のCEBUへの語学留学。(私は2週間、家族は4週間)

それ以外は私の出張の1週間程度か?

■決めた
ToyotaのInovaで(200Km弱の距離をかけて)プネからムンバイへ向かうのだが、Inovaに乗ってしまおう!
(スーツケースがつめなかった場合には諦めることにする。)

ということで、前日になんとなく奥様に打診。なんの反論もない。
別に車にいたところでどうってことはないってことか...
(というか、いいよ! と言われなかっただけよかった。)

■4月29日(金)17:30 帰宅(会社を17時に終了させてもらいました)
※インドの製造業の会社にお勤めに皆様は、土曜勤務も多いと聞いています。
 (ブログを書いててなんとなく、申し訳ない気分)

あわてて、1泊分の着替えを詰める(パンツと下着とハンカチ、靴下、プラス 地球の歩き方ぐらい)
帰りはムンバイに一泊して、4月30日(土)ムンバイから列車で帰ってこよう!

列車も試してみないと、いきなり家族で乗って悲劇(激混み、汚い、私への非難、・・・)が怒るのは怖い。

■4月29日(金)18:30 家族とスーツケース2つ+手荷物とともに車へ

   <---車の進行方向で、○は座席

      +-----+
      |① ③ ⑤ |
      |② ④ ⑥ | 
      +-----+
 
2つの後部座席は、1つずつ荷台に変更できるタイプ! やった、乗れる!!!
 ⑥のいすをおこして、⑥+⑤⑥の後ろにスーツケースを格納
 ①は運転手、②は私、③④子供、⑤奥様

■さあ、ムンバイに向かって出発!
とはいえ、ムンバイの宿探し。

車に乗れるかどうかわからなかったので、予約はしていませんでした。
携帯でインターネットに接続して、予約。
http://www.agoda.jp/
で価格チェックして、電話。電話でのほうがちょっとだけ、安かったのでそこに決定(当然、agodaの価格を伝えた後の価格です)
→テロがあったムンバイの南のほうのタージマハルホテルの近く(3つ星、朝食なし、2500ルピー)。
 タージマハル観光時のアーグラのホテルは・・・だったが、今回は私一人なので どんなところでも平気です。
 ※どんなところでも平気というと、予約なしで数百ルピーのところでもいいじゃんというところですが
  まあ、一応 社会人だし...

■車の中の様子
子供たちはまたも熟睡。夜中の 01:15 発のバンコク行き→(のりついで)マニラ→(のりついで)セブ
で夜にやっとセブにつくということで、ぐっすりお休みなさいませ。

奥様も少しは寝れたかな?

■ムンバイ空港到着
座った場所が私が②、奥様が⑤ということで離れすぎてました。しばしのお別れですが、あまり話しはできず。
でも、まあ、Skypeもあるし、メールもあるし。

車から荷物を落とすと、そこでお別れ~ 悲しいのは私だけ~???

・気をつけて行って来てね~
・少しはパパがいないのを寂しく思ってね~
・たくましくなってね~
・奥様、(子供の世話をすべてお任せで)不自由かけますが、よろしくお願いします。

そんな感じで送り出しました。

ここから先のムンバイ観光はまた明日(?)ということで。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タージマハル 観光(3個目の記事:最後)

2011/05/02 Mon

タージマハル観光の最後(?)の記事です。

4月17日(日)は、2個目の記事に書いたアーグラ城(これも世界遺産)を見てデリーに向かうことにしました。
本当は、もうひとつの世界遺産のファテープル・スィークリーを見れたらとも思いましたが、来るときの6時間を考えると...

でも、アーグラからデリーは3時間強で戻ることが出来ました。(時間帯は 9時30分頃 アーグラ城発です。)
みんな、デリー → アーグラ → ジャイプル のルートで旅行しているのかな?
だから、アーグラ → デリーが混んでない???(適当ですいません...)

とにかく、1時頃にはデリーに着いたので、豪華な日本食を食べることにしました。
(地球の歩き方にも載っていましたし、以前 どなたかのブログでも拝見させていただきました。)

というのも、2日目のホテルが家族には申し訳ないほどの部屋で...
(エクストラベッドを入れて、4人で泊まれてというからOKと思ったら...
 ゆかにタオル1枚引き出すし、これ以上、ここでは書けません。)

■さくら
(1)入り口はこんな感じ
 delhi_sakura01.jpg
 中に入ると、日本人の声がするではありませんか~。なんか、感動。プネではレストランでたまたま日本人に会うなんてありえません...

(2)私の一皿目はこんな感じ
 delhi_sakura02.jpg
 家族は写真をとる暇もなく、食べてました。

(3)私の二皿目はこんな感じ
 delhi_sakura03.jpg

(4)三皿目(といっても食べてて気づいたので途中です)
 delhi_sakura04.jpg

(5)四皿目
 delhi_sakura05.jpg
  本当に四皿で終わったのか? という突っ込みは無しでお願いします。

(6)満足に食べつくしたと思われる満面の笑みの少女がいました。
 delhi_sakura06.jpg

■さくらの後は、先日 下見をした大和屋へ(グルガオン店ではなく、本店?というかグルガオンではないほうです)
 写真は忘れました。また、米を5kg仕入れました。あと、ちょっとしたもの。
 で、で、で、また日本人に逢えました。うーん、感動。日本語だし... 

■大和屋のあとは、少し時間が余ったので、近くのクトゥブ・ミナールへ
(7)タージマハルでもそうだったのですが、外人に人気の少女がいました。
 日本人は珍しいからなのか、写真を一緒にとってくれとせがまれます。
 ※もう少し年上の少女もいたのですが、お誘いがないようで、なんであの子だけ~って感じでした。
  
 delhi_qutub.jpg

 そしたら、17時ごろから、大雨に降られてしまいました。びしょびしょです。

■飛行機にのり、プネへ

■プネからPrePaidタクシーで自宅へ
プネにタクシーがいるか不安でしたが、タクシーがいて、無事帰れました。

疲れました...(明日の4月18日は日本出張です。さらに疲れるなあ~)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タージマハル 観光(2個目の記事)

2011/04/29 Fri

タージマハール観光の2個目の記事です。

■タージマハール
デリーから車で6時間かけて、やっとアーグラにつきました。遠かったです。子供たちもへとへとなはずです。
ただ、車に乗っているだけなのに、なぜか...
※昔、大学生の頃、北海道をバイクで2週間弱 走り続けましたが、そのときに近い疲れ方かもしれません。
 そのときは毎日400~500Km走りました。今回は200Km弱 かつ 運転もせずに寝てるだけ?

とはいえ、近づいてきました。どきどきです。

入場料は 大人は 750ルピーです。子供は無料です。
以前、デリーのクトップミナール(Qutb Minar)は、ワーキングVISAのページを見せると
(Rs.250 ルピーが)Rs.10 ルピーで見せると入れました。しかし、タージマハールには通用しませんでした。

(1)遠くから見えた感じです。
 taj01.jpg

(2)門越しに見えてきました。なんとも感動的な白さです。
 taj02.jpg

(3)ついに見えました。インドでの生活をしていると、家族からインドは別にどこにも行かなくても...
   的な話を何度となく聞かされていました。でも近づいてくると感動です。
 taj03.jpg

(4)来たーーー
 taj04.jpg

 ということで、タージマハールを見たあとは、ホテルにチェックインしました。
 お疲れ様でした~。ということなのですが、

■アーグラ城
翌日、日曜日は、ホテルでの朝食後、アーグラ城に向かいます。朝7時30分 出発です。
アーグラ城も非常に立派な感じです。

(1)奥に見えるのが、アーグラ城です。タージマハールを作った王様が
   お金を使いすぎたのか? 3男にアーグラ城に隔離されて、タージマハールを見ていたそうです。

 agra_castle01.jpg

(2)いろいろな形をした壁になっています。
 agra_castle02.jpg

(3)その他にもたくさん。
 agra_castle03.jpg

 agra_castle04.jpg

 agra_castle05.jpg

 agra_castle06.jpg

 agra_castle07.jpg

 遠くには、タージマハールが見えます。もっと、天気が良かったらもっときれいに見えるのかしら?
 agra_castle08.jpg

 リスたちと遊ぶ少女たち。
 agra_castle09.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タージマハル 観光(1個目)

2011/04/28 Thu

久しぶりの日記になります。もう、いろいろありすぎて、忘れてしまいそうです。
忘れないうちに書いて思い出にしないと...

■ニューデリー駅の近くのホテルを予約して、ニューデリーのメインバザールを歩きました。
夕食は、メインバザールの真ん中ぐらい? の「Club India Cafe」というところに行きました。

地球の歩き方持参です。日本食がおいしいと記載がありました。

●「Club India Cafe」
(1)日本食メニュー(そば、うどん、ラーメン、天丼、親子丼などなど)
 delhi_cafe01.jpg

(2)日本食メニュー(カツどん、オムライス、てんぷら、味噌汁などなど)
 delhi_cafe02.jpg

(3)藤原紀香も来たのでしょうね。写真が飾ってあります。
 delhi_cafe03.jpg

 残念なことに、海老のてんぷらなどは売り切れ。仕方なく餃子とか、野菜てんぷら、そばなどを頼みました。
 でも、子供たち 結構食べてくれました。よかったです。

 でも食べることに夢中で写真を撮り忘れてしまいました。

●ホテルへ戻る途中の道の屋台
(4)おいしそうな肉を焼いています。おなかがいっぱいでしたが、食べてしまいました。苦しい...
 delhi_shop01.jpg

(5)さすがに鳥一匹は買いませんでした。が、おいしそうです。食事前にチェックしておくべきでした。
 delhi_shop02.jpg



■翌日 デリーからアーグラへ向かう車の中で
(6)Toyota Inovaという大きな車にしました。
  でも、どこで寝るんじゃ こら~。何度 起こしてもここで寝てました。
 delhi_car01.jpg

(7)神聖な牛も小麦をたくさん引いて歩いています。とっても働きものです。頑張れ~
  人間と違い、文句も言わず、暑いとも言わず...(40度近くあるはずです)
 delhi_car02.jpg

(8)途中、飼いならされた? サルが窓に来ます。
  でも、ここで写真をとってはいけません。写真をとっただろ、金をよこせと執拗に迫ってきます。
 delhi_car03.jpg


ということで、まだまだ アーグラ(タージマハールがある場所)には到着しません。

実は、行きは6時間かかってしまいました。
土曜日の 朝 7時30分発だったのですが、夏休みに入りたてだからか、家族連れの車がたくさん走ってました。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タージマハル 観光計画(続報)

2011/04/13 Wed

今週末のタージマハル計画進みました。

■15日(金)家族出発(私除く)10時頃
(1)11:30 プネ空港→13:40 デリー空港
(2)ホテルの車(無料ピックアップ)で、ホテルへ
  途中、インド門、大統領官邸、コンノートンプレイスぐらいは通ってもらうといいかもね。

 (HOTEL Grand GodwinというNewDelhi駅近くのホテル
  トリプル用のベッドがあったのでここに決定)

 あとは、きっと適当にリキシャとかで観光するでしょう。

■15日(金)私出発
(1)16:30 プネ空港→20:15 デリー空港
  タクシーを掴まえて、ホテルへ

■16日(土)ホテル出発
(1)デリーからアーグラへ(タクシーにて出発、電車はだめでした)
 朝食を食べて、7時30分にホテル出発。2日間のドライバー込みの費用は Rs.7800(予定)。
 4時間(?)ぐらいのドライブで、途中の世界遺産によったりして、ホテル到着

(2)アーグラのホテルは現時点未定。

■17日(日)ホテル出発
(1)アーグラ観光(タクシーにて出発)
 タージマハル、アーグラ城あたりを見て、デリーへ戻ります。

(2)アーグラからデリーへ
 デリーに戻ります。

(3)デリー観光?
 時間があれば、デリーを観光したいと思います。
 インド産コシヒカリも、あまり粘り気はなかったですが、問題ないレベルなので
 また、大和屋で買って米を確保しようと思います。

■17日(日)プネに戻る
夜遅く、プネに戻ります。お疲れ様でした~
ここからのタクシーは予約していないが、きっとタクシーぐらいあるだろう...
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

タージマハル 観光計画

2011/04/10 Sun

子ども達が4月13日(水)~夏休みに突入します。
英語の勉強しに私をおいて、家族はそのうちフィリピン セブに行きます。

でもせっかくインドにいるのだから、家族でインド観光がしたい私です。

四半期に一度ぐらいは、土日を使ってどこかにいきたいなあ~と当初考えていたのに
家族でどこにも行けていません。

で、考えてみました。
※っていうか、奥様は昔 旅行会社でお客様のツアーの計画などを立てて
 場合によっては、同行していたらしい。代わりにやってくれ~~~
 インドじゃなく、ハワイとかだったら、喜んでやっているはず。とほほ...

(1)ゴア(海でのんびり)
(2)タージマハル(とりあえず、いかないと)

■ゴア
4月2日(土)、3日(日)、4日(月)が3連休であることをしった1週間前に
http://www.makemytrip.com/
でツアーを調べました。
→でも、こどもが、友達と逢う予定があったりということで断念しました。

■タージマハル(場所は Agra:アーグラ)
夏休みに突入したのはいいが、それは子供だけ。なんとかうまく土日を利用していきたいところ。

現在 計画中。結果はまたあとで書くことにしよう...
(素敵なルート、情報をお持ちの方がいらしたら、共有くださいませ)

(0)全体のイメージ(結論)
  ・2泊3日
   初日は夕方にPuneを出て、Delhiに宿泊(会社をフルで休むわけにはいくまい...)
   2日目は朝からハイヤー(運転手付きのレンタカー?)でDelhi→Agra(4時間?)+Agraに宿泊
   3日目も朝からハイヤーで Agra→Delhi。夜に飛行機で、Delhi→Pune。
  ・見学先
   Agra:タージマハール、その他(詳しくはわかっていません)
   Delhi:ニューデリーのメインの通り(メインバザール)←初日の宿泊時にチェック???
       その他、コンノートンプレイス、インド門、大統領官邸、その他デリーの観光地
       最後に、大和屋で日本米を買い込む?

(1)飛行機の調査(Pune→Delhi→Pune、Pune→Agra→Pune)
  http://www.cleartrip.com/
  http://www.makemytrip.com/

  Agra行きはないのかな???
  ということで、飛行機のルートは Pune→Delhi→Puneに決定。

(2)Delhi→Agra→Delhi
  列車にのっていきたかったのですが、調べてみると、WL(WaitingList:キャンセル待ち?)のよう。
  仕方がないので、車の案で検討中です。
  ※電車だと2時間強。車だと200Kmぐらいあるようなので、4時間ぐらいかかるのかなあ~???

 (A)列車
   http://www.makemytrip.com/railways/

  (あ)Delhi→Agra
   ・Bhopal Shatabdi(列車のID?=12002)
    6:15am→8:12am 1AC(1等、2等、3等などのうち1等でエアコン付き) Rs.700(≒1400円)
            CC(エアコン付きのChairCar:座席指定の意味?) Rs.370(≒740円)
   ・Taj Express Superfast(12280)
    7:10am→10:07am 

  (い)Agra→Delhi
   ・Taj Express(12279)
    18:55pm→10:00pm CC Rs.259
   ・NDLS Shatabdi
    20:30pm→10:30pm 1AC Rs.745
             CC Rs.400
 (B)ハイヤー
   http://ranjitbrostaxi.com/taj-mahal-tours-india.html
   2日間のToyota Inovaのレンタルで、Rs.8880 ぐらいか?


(3)宿泊
 ハイヤーのホームページを見ると、1日目の朝から「行くぞ~」という風に読めなくもない。
 ということで、前日 Delhi入りして1泊するか?

 →ということで、2泊3日になるのかな?
  といっても、会社休むのもどうかと思うので、1日目は夕方の便でDelhi入りにしよう!

 (A)デリーの宿泊
   ニューデリー駅の近くで宿泊しよう!
 (B)アーグラの宿泊
   タージマハルの近くすぎると、車が入れないような情報もあり。気をつけて予約しよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

デリー出張(すこし観光)

2011/02/28 Mon

金曜日、土曜日とデリー出張でした。
土曜日の帰りに時間がちょっとあったので、3箇所 ちょっとだけ立ち寄ることができました。
※インド門は前回 1月に写真をとったので、今回は写真はありません。

現時点 プネと比べると、昼は暑くなく、朝は少し涼しいです。
土曜日の朝には、雨が降ったらしく、木々が生き生きとしている感じがします。
プネは乾ききった感じ。

(1)クトップミナール(Qutb Minar)
  Google Map で見ていくと、デリーの鉄柱(Iron Pilar)と書いてあります。
  delhi01.jpg
  入場料は外国人は 250ルピーとのこと。インドで働いていることを証明するための資料(パスポート類)をもっていればよかったと。失敗。250ルピー取られました。が、払っても十分楽しめるだけの広さと時間を使って見学できるだけの価値があると思います。凄いものを作ったものだと感動です。

(2)フマユーン廟(Humayun's Tomb)
  ここは、タージマハール(デリーから車で4時間?)の縮小版らしいです。
  delhi02.jpg

  delhi03.jpg
  仕事帰りの車の運転手がここがいいと言ってくれた場所です。タージマハールに行くときには俺が案内してやると言ってくれています。よほどいい所なのでしょう。ここもたっぷり時間をとってゆっくりできる場所です。
  私は慌しく立ち寄り、すぐ立ち去ってしまいました。
  ここは、パスポートを見せて、ワーキングビザだと言った所、インド人価格 10ルピーになりました。
  (外国人は 250ルピーです)
  ※参考までに、FROで取得した Residential Permit も手持ちしていました。

(3)大統領官邸(Presidents Estate)
  かなり広いです。きちんと整備されていて立派です。
  delhi04.jpg

  車を近くに止めてはいけないようで、運転手は近くをぐるぐる回っています。
  日本の天皇陛下も広いところに住んでいますが、こちらも広いです。きれいです。

いずれにせよ、まだまだ回る場所がいろいろありそうです。
今度は家族で来ることにしよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

夏休みの過ごし方???

2011/02/20 Sun

我が家は現地のローカルの学校に通っています。

すると夏休みは4月中旬~6月上旬らしいです。
この時期が一番暑いので、夏休みなんでしょうね。きっと。

International School とかだと、また時期は別なのだろうか。

で、今日の悩み事は奥様+2名の子ども達の夏休みをどうするか??? です。
当然ですが、私は仕事です。

(案1)日本に帰って、奥様の実家に滞在。
    子ども達は近所の小学校に通わせてもらう。
    →せっかくだから、日本に戻るのはやめて違うことがいいのでは?
     と奥様に言っているところです。
(案2)せっかくインドに来たのだから、インド旅行+インドから行きやすい場所への旅行。

(案3)まだ英語も満足に話せないから、自宅から通える英語の学校を探す。

(案4)(案2)+(案3)のMIXで、昨年通ったフィリピンの英語の学校に行き
    英語+海/ビーチを満喫する。

    前回のフィリピン英語ネタは、こちらを参照ください。
    →http://masayurikure.blog135.fc2.com/blog-category-2.html

皆さん、どうされているんだろうなあ~
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

ドライバーって道を知らない?(の続報)

2011/01/21 Fri

先日の日曜日の日記に、「ドライバーって道を知らない?」という記事を書きました。

詳しくはこちら

あんまりにも驚いたので、1日のうちに日記の2つ目も書いてしまいます。

iPhone4 の「マップ」の機能なのですが、

SIMとりはずし状態+WifiがOFFの状態でも

動くんですね~~~



今、SIMカード取り外し+WifiがOffの状態で
仮住まいの位置情報をかなり的確に示しています。

結構、びびりました。GPSの機能で動いているということなのかああ~

Wifiがつながっている状態(たとえば家)で、マップで行きたいところを中心に
地図をiphoneが読み込んでくれていれば、

外出先で、Wifiがつながっていなくても

 すでに読み込み済みの地図+GPSで

 認識した位置情報を地図の上に

 示してくれているっぽい。



これって、GPS機能付きの携帯をもっている人にとっては
当たり前のことだったんですか??? もしかして。
→お前は何人か?(何時代の人か? の意味)と言われちゃう?

■結論
ドライバーが道を知らないという状況でも、GPS機能付きの携帯があれば
余計なお金を払ってデータ通信させなくても 大体 指示可能??? ってことか???

iPod Touch でも同じかなあ~(まだ日本にいる子どもに確かめさせよう)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)

インドにくるまでのルート(シンガポール→デリー→プネ)

2011/01/15 Sat

インドにくるまでに、シンガポールとデリーでトランジットに少し時間があったので、外に出てみました。

■シンガポール
トランジットに5時間以上 間があると、無料でバスに乗って観光につれていってくれます。
とっても便利なページがあったのでつけさせてもらいます。
チャンギ空港からの無料観光

シンガポールのチャイナタウンのお寺
こっちは無料観光バスにつれられていった中の写真です。チャイナタウンやインドタウンなどをバスで回ってくれます。

シンガポールのライオン
横になってしまいましたが、ライオンです。
シンガポールのシンガは、ライオンのことを意味する? のでしょうか?

この写真は無料ツアーではなく時間が残っていたので、METRO(地下鉄)に乗って飛び出してみました。
※切符の買い方も難しくないし、地下鉄の乗り降りも行きたいところがわかっていれば
 困ることはないと思います。

■デリー
寒かったです。夜 プネまでいける便がなかったので、一泊しました。
デリーのホテルから、中心部のコンノートンプレイスまでリキシャに乗ったのですが
手袋がほしくなる寒さです。なんでもこの前の週は寒さ?のせいで霧が発生し
デリーの空港が使えなかったとか。

インド官邸?
大統領の官邸でしょうか?

インド門(遠くから)
こちらは官邸と真後ろにあるインド門です。
官邸とインド門は一直線の道路で結ばれています。

インド門(近くから)
近くまでリキシャで近づき写真をとりました。

有名らしい紅茶屋(池袋にもあるらしい)
100g 650ルピーもするとのことで、ダージリン/マンゴティーを味見して帰ってきました。
日本からの観光客も多いらしく、日本語を話す店員もいました。

■トランジット
直行便など取れずに、どこか立ち寄ることになった場合には、皆様もいかがでしょうか。
※デリーもMETROの乗り方まで、駅に下がって聞いたのですが、リキシャのほうが
 そとの景色も見えるので、行きも帰りも途中リキシャにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
(よろしかったら、ポチッとお願いします)
プロフィール

family

Author:family
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。